浴衣のクリーニング、いつも同じ失敗をしてます

普段着についてはクリーニング店を利用することは少ないのですが、必ず利用するのは「浴衣」と「着物」のクリーニング。
「浴衣」については、自宅でクリーニングするという人もいるようですが、最近では浴衣も凝った染めになっているものが多いですし、プロに任せた方が仕上がりも良いし安心だと思っています。
ものによっては4万〜5万する浴衣もあるので、自宅クリーニングで万一駄目にしてしまったら、泣くに泣けません。

 

それに浴衣をプロのクリーニング店にお願いすると、ノリの仕上げがすごくいいんですよね。
パリっとキレイに仕上げてくれるので、次に着る時の着付けが簡単ですし、見た目にもきちんとした感じになります。
特に柔らかい生地の浴衣の場合には着崩れしやすい傾向にあるので、ノリを多めにかけてもらっても良いかもしれません。

 

近隣にはクリーニング店が何店舗かあるのですが、全ての店にクリーニングを1回ずつお願いしてみて、一番仕上がりが良かった某店舗を今では定期的に利用しています。
浴衣のクリーニング料金は今はどこでも大抵同じくらいで、1000円〜1500円くらいが平均的となっています。
ただお店によっては「寝間着浴衣」と「おしゃれ着浴衣」で料金を分けているところもあるので、この点はチェックしておくと良いと思いますよ。

 

ただ、定期的に利用している某店舗で、私は毎回同じ失敗をしてしまっています。

 

それが、「袂(たもと)に手ぬぐいを入れっぱなしにしてしまう」ということ。
両の袂に一枚手ぬぐいを入れておくと、何か有った時にもすぐに取り出せますし、袖の形も決まるので便利なのですが、クリーニングに出す時にこれを出すのを毎回、忘れてしまうんです。

 

そしてクリーニング店さんの方でも、浴衣の袂についてはついチェックを忘れてしまうようなんですね。
コートや背広などなら必ずポケットをチェックされているのですが、袂については「盲点」なのかもしれません。
手ぬぐいですと厚みもほとんどありませんから、外から触った程度だと何かが入っている感じもあまり無いですし。

 

そのため、毎度浴衣が帰ってくるときには「気づかなくてすいませんでした…こちらはサービスです」ということで、浴衣と一緒にクリーニングされた2枚の手ぬぐいがくっついて来ます。

 

普段手ぬぐいなんて手洗いしてそのままの状態なのに、パリッとかっこよく仕上がっているのを見ると思わず笑ってしまいます。

 

でもティッシュ類なんかを入れておいたら、笑い事では済まないかもしれませんよね。
今後は浴衣をクリーニングに出すときは、絶対に袂を確認しよう!と心に決めています。